最速で運転免許証をゲットする方法はこれだ

数週間で運転免許を取る方法は複数ある!

短期取得と格安料金が最大のメリット

合宿免許とは、どこか地方の宿泊施設に一定期間泊まって、その地元で集中的に技能教習を実施して免許取得する方法です。
カリキュラムは通常の教習所と同じですし、公安委員会指定の教習所であれば実地試験免除ですから、これも同じ。泊まり込みで地方の教習所に集中的に通うというイメージですね。
肝心の免許取得期間ですが、AT車で最短13日で取得可能です。あとは地元に戻って学科試験合格すれば晴れて運転免許証取得!実質3週間もあれば運転できるようになります。
もう一つの大きなメリットですが、低価格で参加できることです。教習料金はもちろんですが、宿泊費(地元のホテル等)・食費・交通費込のパック料金になっています。
だいたい20万円前後のところが多いようです。これは地方の教習所と同程度、都心の教習所の6割程度の価格です。宿泊費や食費込みでこの価格ですから、合宿免許がいかに格安かがわかります。

合宿免許のデメリットとは

合宿免許のデメリットについてもお話しておきましょう。
教習を集中的に実施して短期取得できるのはいいのですが、一日中技能教習をやっているわけではありません。つまり、時間を持て余しがちになります。宿舎での学科の勉強に充てたり時間は有効に使ってほしいところですが、それでも人によっては持て余してしまいます。なんか対策を立てるなり覚悟して参加するなりしないと、キツイ人はいるかもしれませんね。
また、原則として、合宿中は家に帰ることができません。「合宿免許に参加したのですから期間中はそれだけに集中してください」ということなのでしょうか。言い方悪いですが、軟禁状態になります。
もっとも、最近は一時帰宅可能なプラン出てきているようです。合宿免許のデメリット克服というところでしょうか。期間中に一時帰宅したいという方は、そういったプランを選んで参加すると良いと思います。


TOPへ戻る